Yuya Miki

KAWA NO ZIKAN / a sketch of the Katura River in the Spring of 2020

Slider

2020, 16min41sec, stereo, color, HD


京都市西部地域を流れる桂川。以前から度々訪れては撮影をしてきましたが、コロナ禍の緊急事態宣言下において河川敷は人々が過ごす身近な受け皿として一層大事な役割を果たしていたように思います。この映像は2020年の4月より始まる第一回目の緊急事態宣言下の期間における桂川の光景とそこでの自身のシンプルな行為を含む映像のフッテージにその一週間後に偶然にお会いした方の時間についての発話を含めて構成しています。自粛や緊急事態という個人の行動制限の中での自由を担保する桂川への賛歌として、或いは先の見えないコロナ禍における祈念のようなものとして。(「桂川のスケッチ/コロナ禍のスタディー」の改訂版)


The Katsura river runs in the west side of Kyoto city. To prevent Covid-19, the first state of emergency was declared from 17 April to 21 May of 2020 in Kyoto prefecture. The river became important place people spend time. This film made by footage I shoot in the period of emergency except the voice of man who met end of May at the river. I made this work in praise of the river containing simple behavior of my own. Eventually, this film became like a prayer at the beginning of this pandemic.